県内ニュース

主要

  • Check

「福島はあなた自身」震災の教訓本に、民報社9日発刊

 福島民報社は、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の教訓を伝える書籍「福島はあなた自身 災害と復興を見つめて」を9日に発刊する。
 東京大大学院哲学研究室教授の一ノ瀬正樹氏の主催で昨年3月、東京都内の同大本郷キャンパスで開かれたシンポジウム「あのときの、あれからの福島」の内容を加筆・修正して掲載した。
 第一部「あのときの福島、そして避難弱者」、第二部「福島に暮らす、そして健康問題」、第三部「福島の子ども、そして育児/甲状腺がん」、第四部「被災動物、そして動物倫理」の4部構成で、B5判、カラー192ページ。このうち、第一部では介護施設の入所者を避難させる困難さなどを記した。第四部は家畜やペットなど被災動物の問題を取り上げた。
 編者は一ノ瀬氏と東京大物理学名誉教授の早野龍五氏、同大医学部放射線医学教室准教授・放射線治療部門長の中川恵一氏の3人。
 シンポジウムの発言者は一ノ瀬氏、早野氏、「避難弱者」著者の相川祐里奈氏、元南相馬市長の桜井勝延氏、「福島のエートス」主宰の安東量子氏、福島医大総合科学教育研究センター教授の後藤あや氏、長崎大原爆後障害医療研究所教授の高村昇氏、ノンフィクション作家の真並恭介氏の8人。さらに、中川氏が避難行動と健康について書き下ろした。
 定価は2000円(税別)。県内の書店や福島民報社本社、郡山本社、各支社・支局、福島民報の新聞販売店などで扱う。書店は15日以降に販売する。問い合わせは福島民報社事業局出版部 電話024(531)4182へ。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧