県内のスポーツ

  • Check

田村は3位 全国高校選抜柔道三春大会

 魁春旗争奪全国高校選抜柔道錬成三春大会は11日、三春町民体育館で開かれ、崇徳(広島)が2年ぶり3度目の優勝を果たした。県勢は田村が3位に入った。
 実行委員会の主催、町、町教委、県南柔道会の共催、福島民報社などの後援。全国の強豪校や県勢の田村、県選抜、県南選抜など計24チームが出場し、予選リーグと決勝トーナメントで競った。
 田村は修徳(東京)などを破り、3戦全勝で予選リーグを通過。準々決勝で四日市中央工(三重)を下し、準決勝で優勝した崇徳に敗れた。田村の3位は3年連続5度目。県選抜、県南選抜は予選リーグで敗退した。
 全国高校選抜柔道錬成大会は2007(平成19)年に宮城県女川町で始まった。東日本大震災で続行が困難になったため、2012年から三春町で開催している。2016年の第10回から現在の大会名となった。
 成績は次の通り。
 ▽順位(1)崇徳(広島)(2)桐蔭学園(神奈川)(3)田村(福島)修徳(東京)
 ▽優秀選手=八木郁実(崇徳)村尾三四郎(桐蔭学園)賀沢翔海(田村)小嶋洸成(修徳)
 ▽特別賞=斉本研アレクサンドル(小杉)

カテゴリー:福島のスポーツ

強豪を破り、3位入賞を果たした田村の選手
強豪を破り、3位入賞を果たした田村の選手

福島のスポーツ

>>一覧