あぶくま抄・論説

あぶくま抄

  • Check

ヒーロー(2月13日)

 あなたのヒーローは誰ですか。50歳前後のボクシング好きなら、元世界王者の具志堅用高さんの名を挙げるだろう。沖縄県出身で、愛称は「カンムリワシ」。攻めの姿勢が印象的だった。
 あのファイトがよみがえった。同郷の弟子で世界王者の比嘉大吾選手が地元での防衛戦に臨み、1回で挑戦者を下した。15戦全勝。パンチが強く、闘争心がみなぎる。沖縄のファンは「かつての具志堅さん、比嘉選手とも独特のオーラがある」と絶賛する。二人は沖縄県民共通のヒーローだ。
 防衛戦と同じ日、沖縄県名護市長選が投開票された。米軍普天間飛行場の移設に反対する知事と、政権による「代理対決」と言われた。沖縄では米軍ヘリの緊急着陸など住民が不安を抱くトラブルが絶えない。基地をどうすべきか。有権者はそれぞれ悩み、賛成、反対に分かれる。スポーツのヒーロー像では一つになれる県民の心が、基地を巡ってはばらばらにさまよう。
 片や、福島県内の一部では原発事故からの復興の現状や賠償を巡り、県民に分断が生じているとされる。痛みを抱えた人の気持ちをつなぐには何が必要だろうか。「3・11」が迫る中、いまだに答えは遠い。

カテゴリー:あぶくま抄

あぶくま抄

>>一覧