あぶくま抄・論説

あぶくま抄

  • Check

今、チョコが熱い(2月14日)

 チョコレート製造の歴史で80年ぶりとなる新種がスイスで作られ、世紀の開発として話題となっている。その名は「ルビー」。ビター、ミルク、ホワイトに次ぐ「第四の味」だ。日本企業が販売権を得て世界で初めて商品化した。
 チョコそのものがピンク色をしている。ホワイトチョコにイチゴなどのベリー類を混ぜた同色の従来品と異なり、原料のルビーカカオに由来する天然のピンク色をまとっている。味わいもベリー類に似たフルーティーな酸味が特徴という。
 チョコレートにはさまざまな効果があるといわれる。ポリフェノールやフラボノイドなどを含有し、生活習慣病の改善などに役立つとされる。エネルギー補給源にもなる。別の健康食材と組み合わせた商品も出ており、県内ではエゴマを混ぜたJA夢みなみの6次化商品が注目を集めている。
 チョコレートはまさに万能のようだ。恋愛に似た感覚を呼び起こすフェニルエチルアミンという成分まで含まれているらしい。きょうはバレンタインデー。チョコレート効果に期待が高まる。甘さを享受するか。苦い後味となるか。その答えは、チョコだけに、熱の上げ方、伝え方で解けることでしょう。

カテゴリー:あぶくま抄

あぶくま抄

>>一覧