県内ニュース

主要

  • Check

がん細胞増殖「ギガ2」減で抑制 福医大研究グループ 植村講師、和栗教授ら発見

 福島医大医学部解剖・組織学講座の植村武文講師(38)と和栗聡教授(53)らの研究グループは、細胞内のタンパク質の一つ「GGA(ギガ)2」の量が低下すると、がん細胞の増殖が抑えられることを発見した。新たな抗がん剤開発が期待できるという。1月22日付の英国の科学誌「サイエンティフィック・リポート」に論文が掲載された。福島医大が13日、発表した。

■抗がん剤開発に期待

 植村氏らは細胞内のタンパク質がどのように運ばれるのか約8年にわたり研究を続けてきた。その結果、ギガは、がんを引き起こす遺伝子の一つであるEGFR(上皮成長因子受容体)と結び付き、EGFRの寿命を調節する役割を持っていることを突き止めた。
 ギガは1、2、3の3種類がある。このうちギガ2の量が低下すると、内部に加水分解酵素を持つ細胞内の構造体「リソソーム」がすぐにEGFRを分解し、がん細胞の増殖を抑えられると分かった。
 EGFRは正常な細胞の増殖に重要な役割を果たす分子だが、遺伝子異常が発生すると、がんの原因になることがよく知られており、世界中の研究者がメカニズムの解明を進めている。しかし、ギガのようなタンパク質に焦点を当てた研究はほとんど行われておらず、世界初の成果だという。
 和栗教授は「今回の発見は将来、新たな抗がん剤の開発につながるだろう。今後は、今回分かったメカニズムをさらに詳しく研究していく」と話している。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧