県内ニュース

主要

  • Check

来月にも1万3000ヘクタール超え 国際認証受けた県内の森林

 森林管理の国際認証「SGEC」や「FSC」などを受けた県内の森林面積は来月にも1万3000ヘクタールを超える見通しとなった。県は森林組合や森林事業者らに認証制度の意義を周知し、さらなる取得拡大を目指す。矢吹議員の質問に佐竹浩農林水産部長が明らかにした。
 2月末現在の県内の認証取得面積は6300ヘクタール。市町村別では田村が3000ヘクタールで最も多く、南会津1480ヘクタール、いわき790ヘクタール、郡山320ヘクタール、福島270ヘクタールと続く。これに加え、4月にいわき市で6790ヘクタール分が認証を受ける見込みとなっている。
 県は2018(平成30)年度、森林認証制度の理解促進に向けたセミナーや、認証の取得・申請に関する講習会を開催する。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧