県内ニュース

主要

  • Check

フクラムカードふくしまファンク 来月から各協賛店を統合

 県、県観光物産交流協会、日専連ライフサービスでつくるFukurum(フクラム)カード推進協議会と県は4月1日、「フクラムカード」と「ふくしまファンクラブ」の各協賛店を統合する。各会員が特典を受けられる協賛店が増え、カードやクラブの魅力アップにつながる。
 本県の観光や県産品の応援と目的が同じであるため、統合により会員の利益につなげる狙い。フクラムカードの対象優待店は現在、212店舗に上る。ファンクラブの協賛店は152店舗。既に共通の店舗もあり、統合により共通協賛店は298店舗となる。
 フクラムカードやファンクラブ会員証のいずれかを提示すると特典を受けられる。ホームページで協賛店を掲載している。
 ファンクラブ事務局の長嶺美佳さんと日専連ライフサービスの斎藤萌さんは16日、キビタンと共に福島民報社を訪れ、協賛店の統合を説明した。

カテゴリー:主要

フクラムカードとふくしまファンクラブの協賛店統合をPRする長嶺さん(左)と斎藤さん
フクラムカードとふくしまファンクラブの協賛店統合をPRする長嶺さん(左)と斎藤さん

主要

>>一覧