県内ニュース

主要

  • Check

飯舘駐在所が開所 南相馬署 村民の安全守る

 老朽化に伴い新築された南相馬署飯舘駐在所の開所式が17日、村内草野の現地で行われ、関係者が村民の安全・安心を守る新拠点の完成を祝った。
 1982(昭和57)年に建てられた旧飯舘駐在所は東日本大震災で建て替え計画が中断していた。村民の要望などを受け昨年7月に着工し、今年1月に完成した。山口浩也所長(55)=警部補=が2月28日から、東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が村に出されて以来初めて昼夜問わず常駐している。これまでは日中のみの勤務だった。
 開所式には約50人が出席し、松崎幸夫南相馬署長が「村民が安心して暮らせるよう力を尽くす」とあいさつした。関係者がテープカットで完成を祝った。
 飯舘駐在所は村交流センター「ふれ愛館」と南相馬消防署飯舘分署に隣接している。木造平屋で敷地面積は495・52平方メートル。トイレをバリアフリー化し、授乳室・相談室を新たに設けるなど訪問者の利便性を高めた。

カテゴリー:主要

完成した駐在所の前でテープカットに臨む関係者
完成した駐在所の前でテープカットに臨む関係者

主要

>>一覧