県内のスポーツ

  • Check

ボンズ攻守に勢い 岩手に92-61

 国内プロバスケットボールBリーグ2部の福島ファイヤーボンズは17日、郡山市の郡山総合体育館で岩手ビッグブルズと対戦し、92-61で快勝した。通算成績は26勝17敗で東地区2位のまま。
 ボンズは第1クオーター、ソロモン・アラビが試合開始早々に連続得点を決めて勢いに乗ると、守備も活気づき9失点にとどめて18点のリードを奪った。第2クオーター、ジャレッド・ショウを中心に攻め込み、さらにリードを広げて45-23で折り返した。第3クオーター、菅野翔太(二本松市出身、福島工高、東北学院大卒)が3点シュートを決めて流れを一気に引き寄せると、最終クオーターも最後まで相手を寄せ付けず勝利を収めた。
 次戦は18日午後1時30分から同会場で岩手と戦う。福島トヨペットが協賛し「アリーナ超満員計画」として県内の学生を2階自由席に無料で招待する。

■完璧な立ち上がり
 プレーオフ進出を目指すボンズは、同地区で最下位の岩手を相手に見事な試合運びを見せた。
 試合開始早々、ソロモン・アラビが連続でシュートを決めると、村上慎也や水野幹太(法大1年、福島南高出身)も続き勢いづいた。ボンズのリバウンドも機能し、堅い守備から速攻を繰り返して一気に16点を奪った。試合開始から7分20秒以上、相手に得点を許さず攻守に完璧な立ち上がりを見せた。この試合、最多得点を決めたアラビは「最初から強い気持ちを持ってプレーした」と試合を振り返った。
 レギュラーリーグは残り17試合。東地区首位の秋田とのゲーム差は13。2部3地区の2位チームで最も勝率の高い1チームにプレーオフへの出場権が与えられる「ワイルドカード」争いでも、西地区2位の熊本に5ゲーム差をつけられている。森山知広ヘッドコーチは「もう一試合も負けられない。内容よりも結果を求める」と気を引き締めた。

カテゴリー:福島のスポーツ

【福島ファイヤーボンズ―岩手ビッグブルズ】第1クオーター、アラビがジャンプシュートを決めボンズ4点目
【福島ファイヤーボンズ―岩手ビッグブルズ】第1クオーター、アラビがジャンプシュートを決めボンズ4点目

福島のスポーツ

>>一覧