県内ニュース

主要

  • Check

AIバス実験を公開 若松 スマホで配車受け付け

 JTB、会津電力、NTTドコモは23日、会津若松市で実施しているAI(人工知能)運行バスを活用した乗合自動車事業「モビリティ・シェア」の実証実験を報道陣に公開した。
 事業では観光地や病院など25カ所を乗降ポイントに指定し、スマートフォンアプリで配車を受け付けている。システムが最適なルートを判断してタブレット端末を通じて運転手に伝え、機器の指示に従い、各ポイントを回る。実証実験は19日から25日までで、旅館などの協力を得て観光客らがモニターとして参加している。22日時点で約650人がサービスを利用したという。
 23日に利用した須賀川桐陽高3年の根本佳季さんと渡辺彩香さん(ともに須賀川市)は「好きな時間にバスを呼べて良かった。スマホに慣れていれば使いやすいサービスだと思う」と話した。

カテゴリー:主要

実証実験中の「モビリティ・シェア」。アプリでバスを呼べる
実証実験中の「モビリティ・シェア」。アプリでバスを呼べる

主要

>>一覧