県内のスポーツ

  • Check

10月7日鶴ケ城ハーフマラソン 1日から出場受け付け

 会津若松市で10月7日に開催される第30回記念会津若松市鶴ケ城ハーフマラソン大会の実行委員会は4月1日から出場申し込みを受け付ける。
 市内の会津総合運動公園をスタート・フィニッシュに、ハーフマラソン(21・0975キロ)、10キロ、5キロ、3キロ、2キロ、1キロ(車いすのみ)を走る計35部門を繰り広げる。ハーフマラソンと10キロは鶴ケ城内を駆け抜ける。ハーフマラソンは今大会からコースを変更する。
 参加費はハーフマラソンが5000円。10キロ、5キロは一般が3000円。3キロは一般ペアが5000円、一般女子が3000円、中学生以下が1000円。2キロは親子ペアが3500円、小学生が1000円。1キロ車いすは一般が3000円、小中学生が1000円。高校生は全部門1500円。目標参加者数は1万人で、7月2日まで申し込みを受け付ける。参加賞としてオリジナルTシャツを贈る。
 東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)に出場する大学からゲストランナーを招待する予定。県内出身者が監督を務める駒沢、東洋、早稲田、日本、国士舘の五つの大学から3人ずつ出場してもらえるよう依頼している。
 大会前日の10月6日は市内のホテルニューパレスで開会式・レセプションを催す。大会PR大使となる市出身の歌手越尾さくらさんと民謡アイドル永峯恵さんらと交流しながら会津の美食を楽しむ。参加費は2000円。希望者は事前に申し込む。
 会津若松旅館ホテル組合は特別宿泊プランを設ける。軽食、起き上がり小法師(こぼし)付きで5000円(税別)。
 福島陸協、実行委員会の主催。福島民報社などの共催。リオン・ドールコーポレーションの特別協賛。出場申し込みについての問い合わせはエントリーセンター 電話048(778)5880。大会についての問い合わせは市スポーツ推進課内の事務局 電話0242(39)1306へ。
 実行委の大橋哲男会長(会津若松市体育協会長)、市スポーツ推進課の鈴木吉勝主査が27日、大会PRのため福島民報社会津若松支社を訪れた。

カテゴリー:福島のスポーツ

福島のスポーツ

>>一覧