県内ニュース

主要

  • Check

民間社員、南相馬市に派遣 「地域おこし企業人交流」

 南相馬市は総務省の「地域おこし企業人交流プログラム」を活用し、イオンリテール(本社・千葉市)と民間企業の社員を市に派遣する協定を締結した。協定に基づき、市は4日、イオンスーパーセンター鈎取店(仙台市)で食品販売課長などを務めていた遠山健徳さん(42)に市経済部農政課主査の辞令を交付した。
 市によると、2015(平成27)年に始まった同プログラムの活用は県内の自治体では初めて。同プログラムでは、地方公共団体が関東、関西、名古屋の三大都市圏に所在する民間企業の社員を一定期間受け入れ、地域の魅力向上につながる業務に従事してもらう。市は遠山さんに産地直売担当の経験を生かした企画立案を担ってもらう。任期は1年。
 市役所で行われた辞令交付式で門馬市長が遠山さんに辞令を手渡し、「的確なアドバイスをいただきたい」と期待した。

カテゴリー:主要

門馬市長から辞令を受ける遠山さん(右)
門馬市長から辞令を受ける遠山さん(右)

主要

>>一覧