県内ニュース

主要

  • Check

スーパーGTシリーズ開幕 初日の予選13位、チーム・タイサン 岡山

 市販車ベースの車両で争う国内最高峰レースの「スーパーGTシリーズ」は7日、岡山県美作市の岡山国際サーキットで開幕した。初日は予選を行い、GT300クラスの「Team TAISAN(チーム・タイサン)」は29台中13位だった。8日に決勝が行われる。
 車両名は「TAISAN R8 FUKUSHIMA」で、ドライバーの山田真之亮選手(25)と川端伸太朗選手(25)が臨んでいる。
 GT500クラスには、福島市の農道空港「ふくしまスカイパーク」に軽飛行機開発拠点を設置するサード(本社・愛知県豊田市)のチーム「LEXUS TEAM SARD(レクサス・チーム・サード)」が参戦している。予選は15台中最下位だった。ヘイキ・コバライネン選手(36)、小林可夢偉選手(31)をドライバーに起用している。

【2018年スーパーGTシリーズ日程】
第1戦 岡山国際サーキット(岡山) 4月7、8日
第2戦 富士スピードウェイ(静岡) 5月3、4日
第3戦 鈴鹿サーキット(三重) 5月19、20日
第4戦 チャン・インターナショナル・サーキット(タイ) 6月30日、7月1日
第5戦 富士スピードウェイ(静岡) 8月4、5日
第6戦 スポーツランドSUGO(宮城) 9月15、16日
第7戦 オートポリス(大分) 10月20、21日
第8戦 ツインリンクもてぎ(栃木) 11月10、11日

※スーパーGTシリーズ
 市販車ベースの車両を使用する。GT500クラスに15台、GT300クラスに29台が参戦。予選で決勝のスタート順を決める。決勝では両クラスが同時に走行し、順位はクラスごとに競う。年間8戦行い、総合ポイントで優勝を争う。根強い人気があり、各大会の平均観客動員数は5万人を超える。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧