県内ニュース

主要

  • Check

郡山に6月オープン 県内初のキャビネットホテル

 飲食業などを手掛けるディレクト(本社・郡山市待池台)は6月中旬、郡山市中町に「キャビネットホテル」をオープンさせる。同社によると、県内で同種のホテルができるのは初めて。
 現在工事を進めており、5月末の完成を目指している。予定地は駅から徒歩3分の位置にある。同社は中心市街地活性化に貢献するとともに、2020年東京五輪に向けて増加が見込まれる外国人観光客もターゲットに入れたい考えだ。
 同社によると、キャビネットホテルはキャビンタイプやカプセルタイプ、通常のビジネスホテルなどの客室が混在した複合型ホテル。キャビンタイプの客室は通常のビジネスホテルの客室と似ているが、浴室やトイレがない。
 ホテルは約100人収容で、鉄筋コンクリート地下1階、地上5階建てで、地下1階には大浴場やサウナ、1階にはイタリアンレストランや多目的フロアを整備する。2階から5階は客室で、3階は女性専用フロアとし、客室とともに女性専用の大浴場やサウナを完備する。カラオケ付きのパーティールームも2室設ける。
 同社の担当者は「新しい形のホテルで多くの人に驚きと感動を与えたい」としている。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧