県内ニュース

主要

  • Check

土湯温泉に公衆浴場オープン

 福島市内最大級の公衆浴場「中之湯」が26日、土湯温泉町にオープンした。温泉街の魅力向上とにぎわい創出のため、市が東日本大震災の影響で閉業した旧富士屋旅館跡地などを活用して整備してきた。大型連休を前に、土湯の新たなランドマークとして注目を集めている。
 地上2階、地下1階建てで、地下に露天風呂付き大浴場、地下と2階にバリアフリー対応などの貸し切り風呂4室、1階に休憩室2室を設けた。全浴槽が源泉掛け流し。単純泉のほか、美肌効果があるという炭酸水素塩泉の2種類の泉質を楽しめる。
 中之湯は市が国土交通省の補助を受け、土湯温泉町地区都市再生整備計画の一環として整備した。バイナリー発電などを手掛ける株式会社元気アップつちゆが運営する。
 26日、中之湯でオープニングセレモニーが開かれ、木幡浩市長、土湯温泉町地区まちづくり協議会長の加藤勝一元気アップつちゆ社長があいさつした。
 オープン初日から多くの利用客が訪れた。市内飯野町の斎藤好江さん(69)は「貸し切り風呂が4つもあるのがうれしい。今度は孫を連れてきたい」、川俣町の菅野洋子さん(69)は「気軽に来れてゆっくりできるのが良い」と満足げだった。

カテゴリー:主要

露天風呂付きの大浴場
露天風呂付きの大浴場
土湯温泉町にオープンした公衆浴場「中之湯」
土湯温泉町にオープンした公衆浴場「中之湯」

主要

>>一覧