県内ニュース

  • Check

震災前の3割回復 ハマエンドウとハマヒルガオ いわき久之浜

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から11日で7年2カ月を迎えた。津波被害を受け、一部で防災緑地が完成した、いわき市久之浜町の久之浜海岸でハマエンドウとハマヒルガオの共演が見られる。
 地元の住民やボランティアらが砂浜の別の場所に株を移して増やす活動を続け、今年は震災前の3割ほどの広さになった。紫色のチョウのようなハマエンドウが見頃。ピンク色のハマヒルガオが咲き始めており、潮風に揺れる姿は今月下旬まで楽しめそうだ。
 久之浜・大久地域づくり協議会の阿部忠直会長(72)は「シンボルの復活に向けて保護活動を継続したい」と話している。20日には周辺で「ふるさと再発見歩こう会」を予定している。

カテゴリー:今日の撮れたて

いわき市久之浜海岸で咲き競うハマエンドウとハマヒルガオ
いわき市久之浜海岸で咲き競うハマエンドウとハマヒルガオ

今日の撮れたて

>>一覧