県内ニュース

主要

  • Check

交流・定住促進へ 小野に拠点施設完成

 小野町が整備を進めていた「小野町交流・定住支援館」が完成した。オープニングセレモニーは13日、小野町小野新町美売の現地で行われた。
 支援館は移住・定住促進の拠点となる。情報発信や新たな産業創出の促進、移住希望者の居住支援を通して人口減少に歯止めをかけるのが狙い。国の地方創生拠点整備交付金を活用し、4階建ての旧アルパイン寮を改築。移住情報プラザ「つどっておのまち」やレンタルオフィス、子育て世代や若者単身者向け住宅などとして整備した。
 移住情報プラザは移住希望者や観光客らに町内の情報を伝えるほか、各種相談に対応する。レンタルオフィスは5室あり、町内で事業を行う予定の起業家に貸し出す。子育て世代と若者単身者向け住宅14戸、町内事業者向け住宅10戸も1万円から1万5000円で貸し出し、移住・定住につなげる。
 オープニングセレモニーでは大和田昭町長が「小野町に暮らし、働く人が増えてほしい」とあいさつし、関係者らとともにテープカットした。

カテゴリー:主要

テープカットしてオープンを喜ぶ大和田町長(右から2人目)ら
テープカットしてオープンを喜ぶ大和田町長(右から2人目)ら

主要

>>一覧