県内ニュース

主要

  • Check

6月から復旧工事 JR只見線・会津川口-只見駅間

 JR東日本は2011(平成23)年7月の新潟・福島豪雨で不通となっているJR只見線の会津川口-只見駅間(27・6キロ)について、6月から復旧工事に着手する。15日発表した。JR東は6月15日午前11時から金山町の第7只見川橋梁(きょうりょう)付近で起工式を行う。2021年度中の完成を目指す。
 豪雨に伴い壊れた橋梁や盛り土を修繕し、レールや枕木、信号、踏切などの設備を更新する。本格的な復旧工事を前に、今月中にも草木の伐採といった準備作業に入る。
 復旧費約81億円のうち、3分の1の約27億円はJR東、3分の2の約54億円は県と会津地方17市町村が拠出する。
 JR東と県は昨年6月、県が線路や駅舎などの鉄道施設や土地を保有し、JR東が車両の運行を担う「上下分離方式」で復旧させる内容で合意した。両者は昨年8月に事業費や期間に関する協定を結び、JR東が調査や設計を進めていた。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧