県内ニュース

主要

  • Check

3部会が「JGAP」 福島、伊達、そうまの果樹農家45人

 JAふくしま未来のモモ、ナシ、果樹の3つのGAP部会は農作物の安全性を評価する国内版認証「JGAP」団体認証を取得した。同JA管内の生産者団体がJGAPを取得するのは初めて。16日、伊達市梁川町のみらいホールラブールで報告会が開かれた。
 認証を受けたのは同JAの福島、伊達、そうま各地区の果樹農家計45人。部会ごとには、モモ部会が25人、ナシ部会が6人、サクランボ、ブドウ、スモモ、リンゴ農家でつくる果樹部会が14人だった。
 担い手不足や東京電力福島第一原発事故による風評対策、2020年の東京五輪・パラリンピックへの食材提供などを目的に、2017(平成29)年7月から取得を目指してきた。
 報告会には各地区の認証農家ら約40人が出席した。菅野孝志同JA組合長が「県産農産物のおいしさや品質の高さを世界に発信していこう」とあいさつした。大勝孝好県県北農林事務所農業振興普及部長、半沢正志JA全農福島副本部長らが祝辞を述べた。
 部会ごとの認証農家は次の通り。
 ◇モモ▽福島=片平雅美、阿部幸弘、小野恵吾、鈴木将之、二階堂昭吉、大槻善博、橋本淳一、山田実、菱沼喜雄、佐藤三四郎、加藤義隆▽伊達=斎藤正則、深谷元雄、石神則吉、渡辺英直、斎藤哲夫、斎藤一郎、佐久間貞市、鈴木聡、関根隆夫、須田紀之、斎藤俊寛、宍戸洋一、高橋良一、佐藤定信
 ◇ナシ▽福島=梅津晃志、石田仁一▽そうま=山崎文雄、伹野喜直、今村善顕、宍戸健一
 ◇果樹(サクランボ、ブドウ、スモモ、リンゴ)▽福島=斎藤利雄、長南昭一▽伊達=佐藤公一、神保広孝、菅野ミキ子、佐久間豊、八島仁、佐藤敏博、早川金美、佐藤喜宣、大橋新一、橘内武、山内秀紀、酒井正太

カテゴリー:主要

JGAP認証を受けたJAふくしま未来のGAP部会員
JGAP認証を受けたJAふくしま未来のGAP部会員

主要

>>一覧