県内ニュース

主要

  • Check

タイの消費者招きツアー 横浜の食品会社、相馬双葉漁協を案内

 県産品の輸出拡大に向け、県産モモのタイへの輸出に携わっている食品輸入会社「アライド コーポレーション」(横浜市)は16日、相馬市でタイの消費者を招いた視察ツアーを行った。参加者は試験操業の状況や相馬の海産物への理解を深めた。
 同社は相馬沖で水揚げされたヒラメを初めてタイに輸出する事業に携わった。しかし、ヒラメを使ったフェア(3月)はタイの消費者団体の反発で中止になった。放射性物質の検査体制などを正しく理解してもらい、風評払拭(ふっしょく)につなげる狙いで実施した。
 タイの消費者32人が相馬双葉漁協で職員から共同集配施設や荷さばき施設の説明を受けた後、試験操業で水揚げされたタコやヒラメを見学した。
 参加したパコン・ナンタワチリさん(55)は「復興が早く進んでいると感じた。日本の魚はおいしいので機会があれば購入したい」と話した。
 同社は今後も県産品のタイへの輸出を通じた本県への支援策を探る。

カテゴリー:主要

試験操業で水揚げされた魚介類を見学する来訪者
試験操業で水揚げされた魚介類を見学する来訪者

主要

>>一覧