県内ニュース

主要

  • Check

興こし酒、名は「絆舞」 全国の信金坂下で仕込み

 47都道府県産のコメで日本酒を造る「興(お)こし酒プロジェクト」の仕込みが26日、会津坂下町の曙酒造で始まった。プロジェクトに参画している全国の信用金庫の役員らが集結し、ふかしたコメを巨大なタンクでかき混ぜる作業に臨んだ。被災地応援と地域連携の思いを宿した日本酒の名称は「絆舞(きずなまい)」に決まった。

 プロジェクトは東京都品川区に本店がある城南信用金庫などでつくる「“よい仕事おこし”フェア」実行委員会が企画した。
 全国の信金が集めたコメをブレンドし、500ミリリットル瓶で約1万2000本分の純米大吟醸酒を造る。精米歩合は都道府県の数にちなみ47%とする。

■民報社が特別協力
 日本酒は9月19、20の両日に東京都千代田区の東京国際フォーラムで開く「“よい仕事おこし”フェア」で披露し、販売を始める。価格は税込み2200円とし、このうち100円分を被災地に寄付する計画だ。フェアには福島民報社が特別協力している。

カテゴリー:主要

仕込み作業に参加した(前列左から)二本松信金の石川憲幸氏、須賀川信金の加藤敏彦氏、白河信金の牧野富雄氏、会津信金の星幹夫氏、斎藤文英会津坂下町長、橋本明良県商工労働部長、佐久間弘元県会津地方振興局長、伊藤直樹県東京事務所長、福島信金の樋口郁雄氏、ひまわり信金の台正昭氏、あぶくま信金の太田福裕氏、郡山信金の伊藤清正氏ら全国の信金関係者ら
仕込み作業に参加した(前列左から)二本松信金の石川憲幸氏、須賀川信金の加藤敏彦氏、白河信金の牧野富雄氏、会津信金の星幹夫氏、斎藤文英会津坂下町長、橋本明良県商工労働部長、佐久間弘元県会津地方振興局長、伊藤直樹県東京事務所長、福島信金の樋口郁雄氏、ひまわり信金の台正昭氏、あぶくま信金の太田福裕氏、郡山信金の伊藤清正氏ら全国の信金関係者ら

主要

>>一覧