県内ニュース

  • Check

白い生命の神秘 川内でモリアオガエル産卵

 県内の梅雨入りを前に、モリアオガエルの繁殖地として国の天然記念物に指定されている川内村の平伏(へぶす)沼で産卵が始まっている。
 カエルの鳴き声が周囲に響き、沼を囲む木の枝には5月下旬から直径10~15センチほどの白い卵塊ができ、6日までに約10個を確認した。村教委は「貴重な自然環境を大切に保護していきたい」と話している。
 産卵のピークは今月下旬。17日に観察会が催される。問い合わせは村観光協会 電話0240(38)2346へ。

カテゴリー:今日の撮れたて

平伏沼で始まったモリアオガエルの産卵
平伏沼で始まったモリアオガエルの産卵

今日の撮れたて

>>一覧