県内ニュース

主要

  • Check

磐城高箸の割り箸 4000セット参加者に贈る

 10日に開催された全国植樹祭の記念品として、いわき市川部町の磐城高箸が製作した割り箸が参加者に贈られた。
 同社は2010(平成22)年の創業以来、主にいわき市産のスギの間伐材を使い、高品質の割り箸を製造している。記念品として採用されたのは同市のほか、宮城県栗原市の栗駒スギ、岩手県陸前高田市の気仙スギを使った三膳セットの「希望のかけ箸」。被災3県の林業復興を願い2011年に発売した商品で、グッドデザイン賞に選ばれた。全国植樹祭のロゴマークや3県の県鳥のイラストをあしらい、4000セットを参加者に贈った。
 同社の高橋正行社長(44)は「自社の製品を選んでもらい光栄。今後の励みになる」と喜んだ。同社は福島民報社主催の第1回ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)で福島民報社奨励賞を受けている。

カテゴリー:主要

記念品に採用された割り箸を手にする高橋社長
記念品に採用された割り箸を手にする高橋社長

主要

>>一覧