県内ニュース

主要

  • Check

合併後県内名称「コープ」 コープふくしま、県南生協、みやぎ生協

 コープふくしま(本部・福島市)と福島県南生協(本部・矢吹町)、みやぎ生協(本部・仙台市)の組織合同(合併)で、県内の事業所名としてコープふくしまの名称が残る見通しとなった。福島県南生協の事業所はコープふくしまに名称が変わる方向。来年3月21日付の合併を目指す。

 コープふくしまと福島県南生協は14日にそれぞれ総代会を開き、合併関連議案を提出する。
 みやぎ生協によると、合併ではみやぎ生協が存続法人となり、コープふくしまと福島県南生協の全事業と資産を有償で譲り受ける。県域を越えた東北初の合併で、コープふくしまと福島県南生協は来年3月20日付で解散するが、両生協の職員はみやぎ生協の雇用となる。
 合併によりみやぎ生協は組合員が100万人、売上高に当たる供給高が1300億円になると想定している。みやぎ生協は譲渡の対価としてコープふくしまと福島県南生協に「のれん代」を支払い、累積欠損金が残らないようにする。のれん代は現時点で30億円から40億円程度を見込んでいる。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧