県内ニュース

主要

  • Check

童謡の詩自由に考えて 広野町が募集 8月31日まで

 広野町は10月に町内で開かれる「ひろの童謡(うた)まつり」に合わせて行う童謡作詩コンクールの作品を募集している。8月31日まで。
 童謡の文芸雑誌「赤い鳥」創刊から2018(平成30)年で100年を迎えることから、3年ぶりにコンクールを復活させた。
 コンクールの優秀作品2点には曲を付け、今年の童謡まつりで披露する。過去のコンクールを含めた優秀作品から1点を選び、絵本にしてまとめることも予定している。
 テーマは自由で、作品は400字詰め原稿用紙(A4判)に縦書きにして送る。原稿用紙は町ホームページからダウンロードできる。応募点数は1人3点まで。1作品ごとに郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記する。
 選考委員による審査で町長賞1点、審査委員長賞1点、実行委員長賞1点、教育長賞数点を決める。町長賞には副賞として賞金10万円などを贈る。
 応募先は郵便番号979-0402 広野町下北迫字苗代替35 町役場復興企画課内童謡のまちづくり実行委員会事務局童謡作詩コンクールの部へ。問い合わせは事務局 電話0240(27)1251へ。

カテゴリー:主要

コンクールへの応募を呼び掛ける町職員
コンクールへの応募を呼び掛ける町職員

主要

>>一覧