県内ニュース

主要

  • Check

瑞宝大綬章祝う 脳神経疾患研究所最高顧問の吉本氏

 今春の叙勲で瑞宝大綬章を受けた元東北大総長で郡山市の総合南東北病院などを運営する脳神経疾患研究所の最高顧問を務める吉本高志氏(75)の受章記念祝賀会は20日、郡山市のホテルハマツで開かれ、関係者が功績をたたえた。
 約150人が出席した。脳神経疾患研究所の渡辺一夫理事長があいさつ。国民民主党の増子輝彦参院議員(本県選挙区)、嘉山孝正山形大医学部先進医学講座特任教授、磯谷桂介文部科学省研究振興局長、荒井克弘大学入試センター名誉教授が祝辞を述べた。
 吉本氏は「受章にとても感激している。発展を続けている南東北グループの『全ては患者さんのために』という理念の下でグループに貢献していきたい」と謝辞を述べた。
 吉本氏は秋田市出身、東北大医学部卒。専門は脳神経外科学で脳卒中の研究に打ち込んできた。2002(平成14)年11月から東北大総長を4年間務めた。2013年4月からは脳神経疾患研究所の最高顧問を務めている。
 祝賀会には福島民報社から中尾富安取締役総務局長が出席した。

カテゴリー:主要

謝辞を述べる吉本氏
謝辞を述べる吉本氏

主要

>>一覧