県内のスポーツ

  • Check

少年フリー55キロ級中学生の五十嵐(荒海)V 県総体

 第71回県総体は7日、メイン期間が始まった。レスリング競技は少年の部フリースタイル55キロ級で五十嵐開(荒海中3年)が高校生を破って優勝した。体操競技は成年男子の個人総合で松本裕太(いわきラビット体操ク、東海大4年)が67・05で2連覇した。相撲競技は少年個人の藤崎大輔(学法福島高3年)が全勝優勝した。自転車競技は少年競走車3000メートル個人追い抜きで福地猛(学法石川高3年)が大会新で優勝した。メイン期間は9日まで。

■攻め信条に 高校生撃破
 ○…少年の部フリースタイル55キロ級で高校生を破り優勝した五十嵐開(荒海中)は「先にどんどん攻めることができた」と笑顔を見せた。少年の部に中学生が出場するのは大会初。日頃から田島高生と一緒に練習しているため、高校生相手でも気負うことなく普段通りの力を出すことができた。国体に向け「今日以上に攻めを意識して上位を目指す」と意気込みを示した。

カテゴリー:福島のスポーツ

レスリング競技少年の部フリースタイル55キロ級で優勝した五十嵐
レスリング競技少年の部フリースタイル55キロ級で優勝した五十嵐

福島のスポーツ

>>一覧