県内のスポーツ

  • Check

全国高校野球選手権福島大会 第2日、第3日

 第100回全国高校野球選手権記念福島大会第2日は8日、いわき市のいわきグリーンスタジアムなど5球場で1、2回戦13試合を行った。
 いわきグリーンでは、岩瀬農が2回戦で磐城農に五回コールドの10-0で快勝し、今大会の3回戦進出第1号となった。ヨーク開成山スタジアム(開成山野球場)では1回戦で福島西が今大会初の延長戦で4-3で会津工に競り勝った。
 白河グリーンスタジアムでは須賀川が10-0で葵に五回コールド勝ちした。須賀川の先発小原佑輔は五回参考記録ながら無安打無得点を達成した。
 あいづ球場では喜多方桐桜が18-0の五回コールドで四倉を下し、夏の福島大会初勝利を果たした。あづま球場では福島が好間に15-0で五回コールド勝ちした。
 第100回全国高校野球選手権記念福島大会第3日は9日、いわき市のいわきグリーンスタジアムなど5球場で1、2回戦12試合を行った。
 ヨーク開成山(開成山野球場)では2回戦で日大東北が39-0で16年ぶり出場の会津北嶺に五回コールド勝ちした。39得点、39点差の勝利はいずれも県大会で最多。
 あづま球場では福島高専が4-2で第7シードの小高産業技術を破った。あいづ球場では延長十一回の熱戦の末、会津が福島東に8-7で競り勝った。
 大会には県内78チーム(83校)が出場し、前期(7~11日)と後期(14、15、17、19、21、22日)の計11日間の大会日程でトーナメントを争っている。順調に日程を消化すれば22日午前11時から、いわきグリーンスタジアムで決勝を実施予定。

カテゴリー:福島のスポーツ , 高校野球

福島のスポーツ

>>一覧

高校野球

>>一覧