県内ニュース

  • Check

元気に登場 常葉、カブトムシ羽化ピーク

 田村市常葉町の観光施設「ムシムシランド」の自然観察園に放すカブトムシの羽化がピークを迎えている。
 市内の農家三軒に約二万五千匹の幼虫を預けている。このうち樽井裕昭さん(65)方の飼育床では、六センチほどに育った成虫が元気な姿を見せている。十三日に地元の五歳児約百四十人が参加して「放虫式」を行い、十四日に開園する。
 自然観察園は今年、開園三十周年の特別企画「世界三大奇蟲(きちゅう)展」を開催する。ヒヨケムシとサソリモドキ、ウデムシをはじめ大型の珍しい昆虫など十五種類を公開する。
 田村市常葉振興公社施設長の吉田吉徳さん(55)は「夏休みの自由研究などで昆虫と接してもらいたい」と準備に追われている。

カテゴリー:今日の撮れたて

飼育床から羽化し、元気な姿を見せるカブトムシ
飼育床から羽化し、元気な姿を見せるカブトムシ

今日の撮れたて

>>一覧