県内ニュース

主要

  • Check

ロボ開発教育で連携 県-イノベ機構-ソフトバンク

 県、福島イノベーション・コースト構想推進機構、通信事業大手のソフトバンク(本社・東京)は今年夏にもロボット開発に携わる人材の育成事業を共同で始める。三者が十一日、県庁でイノベーション・コースト構想推進の連携協定を締結した。
 三者連携による事業のイメージは【図】の通り。ソフトバンクが人型ロボット「Pepper(ペッパー)」十台程度を県に貸与し、指導役を担うプログラマーを県と機構が設ける講習会場に派遣する。県と推進機構はプログラミング学習を希望する高校生を募る。
 二〇一八(平成三十)年度は南相馬市の高校生五人が学校の授業とは別枠の学習として臨む。ペッパーが簡単な会話や動作ができるようにするプログラミングなどを学ぶ。地元で科学やエネルギー分野などの人材育成に取り組む社団法人「あすびと福島」が生徒たちの学習を支援する。
 生徒らはペッパーが県内の各種情報を発信するアプリケーション開発にも取り組む。主にイノベーション・コースト構想や復興事業の概要、観光名所の案内、歴史・文化の紹介などのデータ収集・入力などを行う。年内に完成させ、浜通りなどに県や機構が設ける情報発信拠点への配置を目指す。
 今年度に参加した生徒は次年度以降もロボットの改良などにも携わる。三者は取り組みを通じて子どもたちのロボット作りへの関心を高め、将来的に廃炉や災害対応などのロボット開発に関わる人材育成に結び付ける。
 内堀雅雄知事、宮内謙ソフトバンク社長、伊藤泰夫福島イノベーション・コースト構想推進機構事務局長が締結式に出席した。
 内堀知事は「高校生が構想に関わってもらえるようになる支援はありがたい」、宮内社長は「協定締結で交流人口拡大や地元の人材育成につなげたい」と話した。

カテゴリー:主要

協定を結ぶ内堀知事(左)と宮内社長。右はペッパー
協定を結ぶ内堀知事(左)と宮内社長。右はペッパー

主要

>>一覧