県内ニュース

主要

  • Check

武者6騎の活躍祈る 相馬野馬追大熊町騎馬会が若松で出陣式

 国重要無形民俗文化財「相馬野馬追」に向けた標葉(しねは)郷大熊町騎馬会の出陣式は十一日、会津若松市の会津若松ワシントンホテルで行われ、出場する六騎の武者の活躍を祈った。
 六騎のうち、副執行委員長の武内敏英町教育長、軍者の鈴木清彦さん、郷大将付組頭の吉田昌平さんと関係者ら約五十人が出席した。町騎馬会長の渡辺利綱町長が「鍛錬の成果を遺憾なく発揮し、堂々の凱旋(がいせん)を果たしてほしい」とあいさつした。広嶋公治町議、土屋繁男町行政区長会長、標葉郷騎馬会の武内勝芳さんが祝辞を贈った。相馬流れ山踊りが披露され、会場を盛り上げた。
 出場者はほかに御神輿守護の小野田政昭さん、螺役の渡部達也さん、副軍師付御使番の小野田淳さん。武内教育長は「町民に元気や勇気を与えたい」と意気込んでいる。相馬野馬追は二十八日、南相馬市をメイン会場に開幕する。

カテゴリー:主要

出陣式に臨む(右から)武内教育長、鈴木さん、吉田さん
出陣式に臨む(右から)武内教育長、鈴木さん、吉田さん

主要

>>一覧