県内ニュース

主要

  • Check

書簡入れ替え後期展 朝河貫一没後70年記念展

 福島市の県立図書館で開かれている二本松市出身の歴史学者朝河貫一博士(一八七三〈明治六〉年~一九四八〈昭和二十三〉年)の企画展「海を渡ったサムライ-朝河貫一没後70年記念展」の後期展示は十八日に始まった。
 博士ゆかりの書簡など十七点を入れ替えた。関東大震災で図書館の蔵書が焼失した東京帝国大から洋書の収集を依頼された書簡など、災害復興に向けた活動に関わる博士の姿がうかがえる。
 会期は九月五日まで。開館時間は午前九時半から午後七時(土・日曜日と祝日は午後五時半)まで。毎週月曜日と毎月第一木曜日は休館。観覧無料。問い合わせは県立図書館 電話024(535)3218へ。
 企画展と二十三日に郡山市で開かれる朝河貫一博士顕彰協会のシンポジウム、二十六日から八月一日まで高校生を米国に派遣する海外研修、博士の命日の八月十一日に福島市で開かれる県教委主催のシンポジウムは福島民報社が協力する。
 博士の母校・早稲田大は二十一、二十二の両日、同大で研究者を招いたシンポジウムを開催する。

カテゴリー:主要

展示品を入れ替え、装いを新たにした企画展
展示品を入れ替え、装いを新たにした企画展

主要

>>一覧