県内ニュース

主要

  • Check

規模、魅力拡大し開催 野口英世記念音楽祭

 東日本大震災からの復興を祈念した「野口英世記念ふくしま国際音楽祭2018」は二十一日に郡山市で開幕する。十二月まで七市町村で三十四公演やイベントを繰り広げる。
 二〇一二(平成二十四)年から二〇一七年まで猪苗代町を中心に開催した「野口英世記念ばんだい高原国際音楽祭」の規模を拡大した。野口英世の出身地の猪苗代町をはじめ北塩原村、喜多方市、会津若松市、会津美里町、郡山市、福島市で展開する。「イタリア」がテーマで、演奏家がピアノやフルート、バイオリン、ギターなどでイタリアにちなんだクラシック曲などを奏でる。
 音楽祭の最初のイベントとなる二十一、二十二の両日は郡山市の星総合病院メグレズホールで、棚倉町出身の父を持つバイオリニストのノエ・乾さんによるマスタークラス(講習会)を開く。時間は午前十時から午後五時半まで。レッスンの様子を無料で聴講できる。
 音楽祭の問い合わせは会津エリアが実行委運営会議 電話0242(37)0771、郡山エリアが郡山準備委員会 電話024(932)1521、福島エリアが福島準備委員会 電話024(597)6693へ。

カテゴリー:主要

鈴木副知事(左)に音楽祭をPRする小沢会長(左から2人目)。手前右は三宅副会長
鈴木副知事(左)に音楽祭をPRする小沢会長(左から2人目)。手前右は三宅副会長

主要

>>一覧