県内ニュース

  • Check

原釜尾浜海水浴場21日再開 相馬

 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故以降、開設を見合わせていた相馬市の原釜尾浜海水浴場は二十一日、八年ぶりに海開きする。浜通り北部を代表する海水浴場に震災前のにぎわいが戻る。
 当日は午前九時から海開きと安全祈願祭を行う。その後、相馬青年会議所(JC)や相馬商工会議所青年部などでつくる実行委員会主催の「8年ぶりだヨ!全員集合 そうま浜まつり」を開催する。「ウオーターサバイバルゲーム」「スイカ割り」「モーターボート遊覧・水上バイク」「ふわふわ遊具」「ビーチフラッグ」など無料のビーチイベントを多数企画した。
 相馬双葉漁協青壮年部は地元で水揚げされたアジやカレイなどの魚介類を使った浜焼きを無料で振る舞う。午後七時四十五分からは花火を打ち上げる。ライブイベントもある。
 相双地区の海水浴場再開は初。開設期間は八月十九日までの午前九時から午後四時まで。海の家も六軒出店する。

■松川浦の魅力紹介散策マップ配布へ

 相馬市観光協会は松川浦地区のグルメや見どころなどを紹介する「松川浦散策マップ」を作った。観光や飲食などの施設で配布している。
 原釜尾浜海水浴場の海開きに合わせて発行した。飲食店で味わえる海鮮グルメや人気のそば、カレーなどを掲載している。松川浦大橋や鵜ノ尾岬、大洲海岸などの観光スポットも地図付きで紹介している。
 一万部作製し海開き会場でも配布する。市観光協会の遠藤美貴子さんは「大勢の人に相馬を訪れてほしい」と期待している。
 問い合わせは市観光協会 電話0244(35)3300へ。

カテゴリー:今日の撮れたて

松川浦散策マップをPRする遠藤さん
松川浦散策マップをPRする遠藤さん

今日の撮れたて

>>一覧