県内ニュース

主要

  • Check

富士登山始まる 東北の高校生

 三春町出身の登山家・故田部井淳子さんが始めた東北の高校生による富士登山は二十四日から二十六日まで二泊三日の日程で繰り広げられている。
 今年は県内の高校生八十四人を含む九十六人が参加。初日は静岡県裾野市の水ケ塚公園で開会式を行った。二〇一六(平成二十八)年十月に死去した田部井さんの遺志を継ぎ、リーダーを務める長男の進也さんが「仲間と共に頑張ろう」と呼び掛けた。
 この後、日本最高峰の富士山(三、七七六メートル)の山頂を目指し、富士宮ルートから登山を開始。初日は六合目の標高二、四九三メートルにある山小屋に宿泊した。二十五日は未明から山頂へ挑む。
 二本松市の菊地風香さん(安達高二年)は「初めての富士登山で不安もあるが、山頂での景色が楽しみ」と笑顔を見せていた。
 富士登山は田部井淳子基金の主催、福島民報社などの後援。東日本大震災の復興支援事業として二〇一二年から実施し、七回目。福島、宮城、岩手各県から今回を含めて計五百七十五人が参加しており、田部井さんが掲げていた千人の目標達成に向け、五合目を越えた。

カテゴリー:主要

標高2400メートル付近で登頂への意欲を見せる参加者。右から4人目は進也さん
標高2400メートル付近で登頂への意欲を見せる参加者。右から4人目は進也さん

主要

>>一覧