県内のスポーツ

  • Check

聖光学院が来社 民報社、激励金贈る

 第100回全国高校野球選手権大会に12年連続で出場する聖光学院の新井秀校長と野球部の横山博英部長、斎藤智也監督、矢吹栄希(はるき)主将(3年・緑ケ丘中出身)は25日、福島大会の優勝あいさつで福島民報社を訪れ、高橋雅行社長と懇談した。高橋社長が斎藤監督に激励金を贈った。
 新井校長は「福島大会優勝は学校の生徒にとって刺激になる」と語った。横山部長は「ここまで順風満帆ではなかったが、甲子園では力を発揮し、集大成の夏にしてほしい」、斎藤監督は「春の選抜大会の結果をエネルギーに変えられた。甲子園では精神的にタフに戦いたい」と期待を込めた。
 矢吹主将は「控え選手も含め全員が一丸となって戦えた。甲子園も全力で挑む」と意気込みを述べた。
   ◇   ◇
 聖光学院野球部の一行は25日、県庁を訪れ内堀雅雄知事と懇談した。

カテゴリー:福島のスポーツ , 高校野球

高橋社長から激励金を受ける(左から)横山部長、新井校長、矢吹主将、斎藤監督
高橋社長から激励金を受ける(左から)横山部長、新井校長、矢吹主将、斎藤監督

福島のスポーツ

>>一覧

高校野球

>>一覧