県内ニュース

  • Check

8年ぶり浪江で武者行列 相馬野馬追が開幕

 一千有余年の歴史を誇る国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」は二十八日開幕した。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、中止していた標葉(しねは)郷騎馬会による浪江町内での出陣式や騎馬武者行列が復活した。避難先などから駆け付けた町民らの見守る中、八年ぶりに威風堂々とした行列を繰り広げた。
 昨年三月末に帰還困難区域を除く避難指示が解除された浪江町や全町避難している大熊、双葉両町の騎馬武者五十六騎が浪江町中央公園に集結した。霧雨の中、JR常磐線浪江駅前を通り、浪江町商工会館までの約一・二キロを進軍した。
 脇坂博副軍師(69)=浪江町、南相馬市原町区に避難=は「数年前までまさか浪江の本陣から出陣できる日が来るとは思わなかった。震災の津波で犠牲になった友人や親戚も喜んでいるはず」と感無量の表情で語った。
 今年は宇多郷、北郷、中ノ郷、小高郷、標葉郷から約四百四十騎が出場。メイン会場の原町区の雲雀ケ原祭場地で宵乗り競馬などを繰り広げた。

 二十九日の本祭りでは南相馬市原町区の祭場地で甲冑(かっちゅう)競馬や神旗争奪戦などが行われる。

カテゴリー:今日の撮れたて

8年ぶりに浪江町内を進む標葉郷の騎馬武者行列
8年ぶりに浪江町内を進む標葉郷の騎馬武者行列

今日の撮れたて

>>一覧