県内ニュース

主要

  • Check

二本松少年隊の志顕彰 城フェスタ同時開催

 戊辰戦争百五十年を記念し、二本松少年隊顕彰祭と城フェスタ二本松大会が二十八日、二本松市の県立霞ケ城公園などで開かれた。
 顕彰祭は二本松少年隊顕彰会の主催で、二本松城が落城した一八六八(慶応四)年七月二十九日にちなんだ行事。二本松北小が剣舞を、同南小が舞踊をそれぞれ発表した。顕彰会長の三保恵一市長、丹羽家第十八代当主の丹羽長聰(ながとし)さんがあいさつした。
 城フェスタ二本松大会は県城下町連絡協議会の主催、福島民報社などの共催。奥州白河太鼓や会津白虎隊演武、相馬中村藩古式砲術が披露された。
 会場を県男女共生センターに移し、講談師の宝井琴桜さんが講談「二本松少年隊物語」を読み上げた。「ふくしまと戊辰戦争~二本松・会津・白河~」をテーマにパネルディスカッションも行った。
 二本松市文化財保護審議会の根本豊徳氏、会津古城研究会長の石田明夫氏、白河市文化財保護審議委員会の植村美洋氏がパネリストを務めた。各地域と戊辰戦争の関わりについて意見を交わした。

カテゴリー:主要

勇ましい剣舞を披露する二本松北小の児童=二本松少年隊顕彰祭
勇ましい剣舞を披露する二本松北小の児童=二本松少年隊顕彰祭
各地域と戊辰戦争の関わりについて話す(左から)植村氏、根本氏、石田氏=城フェスタ
各地域と戊辰戦争の関わりについて話す(左から)植村氏、根本氏、石田氏=城フェスタ

主要

>>一覧