県内ニュース

主要

  • Check

トリチウム水公聴会 参加者募る 資源エネ庁

 経済産業省資源エネルギー庁は三十一日、東京電力福島第一原発の汚染水を浄化した後に残る放射性物質トリチウムを含んだ水を巡り、処分の方法や時期などについて国民の意見を聞く公聴会で考えを表明する参加者の募集を始めた。
 開催会場も決まった。八月三十日午前十時からの富岡会場は富岡町文化交流センター「学びの森」、三十一日午前九時半からの郡山会場は郡山市の郡山商工会議所、三十一日午後三時半からの東京会場は東京・内幸町のイイノホール。いずれもインターネットで中継する。
 意見表明者は会場ごとに十~十五人程度を予定。資源エネルギー庁ホームページの募集要項に沿い十六日までに電子メールやファクス、郵送で申し込む。参加が決まった人は意見概要を提出する。傍聴者は各会場で最大百人程度を想定。申し込みは二十三日まで。
 公聴会では、トリチウム水を保管するタンクの用地確保が限界を迎えつつあることなどを説明。海洋放出など五つの処分方法の社会的影響などを示し広く意見を求める。
 問い合わせは資源エネルギー庁原子力発電所事故収束対応室 電話03(3580)3051(平日午前九時半~午後六時まで)へ。同庁ホームページはhttp://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/committtee/takakusyu/setsumei-kochokai.html

カテゴリー:主要

主要

>>一覧