県内ニュース

  • Check

水面包む幽玄の霧 三島の只見川

 奥会津の只見川で、夏特有の「川霧」が水面(みなも)に立ち込め幻想的な光景を描いている。
 川霧は朝夕に、暖かく湿った空気が川に冷やされて生じる。只見川は雪解け水を含んで低温な上、空気と接する水面が広いため発生しやすいとされる。
 六日早朝、三島町のJR只見線の第一只見川橋りょうでは川霧に浮かぶアーチ型の鉄橋を列車が軽快なレール音を響かせて進んでいた。地元関係者らによると、川霧は条件が合えば九月上旬まで見られるという。

カテゴリー:今日の撮れたて

只見川の水面に立ち込める川霧。奥はJR只見線の第1只見川橋りょう=6日午前6時ごろ、三島町
只見川の水面に立ち込める川霧。奥はJR只見線の第1只見川橋りょう=6日午前6時ごろ、三島町

今日の撮れたて

>>一覧