県内ニュース

主要

  • Check

野口博士の研究疑似体験!? 立体的絵画作品の展示始まる

 猪苗代町の野口英世記念館は九日、野口英世博士の研究を疑似体験できる立体的絵画作品の展示を始めた。
 野口英世博士の没後九十年に合わせて企画した。作品は縦約三メートル、横約二メートルで、野口博士がガーナで黄熱病の研究をしている姿を立体的に見えるように表現した。
 記念館が会津大短期大学部産業情報学科に作成を依頼した。同学部の全学生を対象に実施した野口博士に関するアンケートを基にイメージを決め、グラフィックデザインなどを学ぶ二年の紋間優さん(20)と八巻彩さん(19)が作成した。紋間さんと八巻さんは「小さくなって野口博士の研究のお手伝いをしてみては」とPRしている。
 展示は十二月二十八日まで。問い合わせは記念館 電話0242(85)7867へ。

カテゴリー:主要

野口英世をイメージした作品
野口英世をイメージした作品

主要

>>一覧