県内ニュース

主要

  • Check

4車線化来年度完了 桑折町北半田−国見町藤田の4号国道1.7キロ

 伊達市と国見町を結ぶ四号国道伊達拡幅事業(延長九・一キロ)で、桑折町北半田−国見町藤田間の延長一・七キロの四車線化工事が二〇一九年度中に完了し、開通する見通しになった。国土交通省福島河川国道事務所が九日、発表した。開通すれば、鏡石町から国見町までの約七十キロが完全四車線化される。
 同事務所によると、用地取得や工事が順調に進んだことから開通の見通しが立った。同区間には二〇一七(平成二十九)年五月に道の駅「国見あつかしの郷」が開業している。道の駅付近で走行速度の低下が見られるが、四車線化により解消される。並行する東北自動車道で通行止めとなった際の代替路として通過時間の短縮が期待される。
 伊達拡幅事業の残り区間は、国見町藤田−同町石母田間の延長一・六キロ。一部着工しているが、開通時期は未定となっている。
 内堀雅雄知事は「一日も早い全線供用を求めてきた本県の要望を受け止めていただき、国土交通省をはじめとする関係者に深く感謝する」とコメントした。
 国見町の太田久雄町長は「本県の復興をはじめ、町としては道の駅を核とした地域活性化の大きな弾みとなる。残された区間の整備推進を期待する」とコメントした。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧