県内ニュース

主要

  • Check

一切経山、親子で登山 「山の日」企画

 日本山岳会福島支部と福島民報社は「山の日」の十一日、吾妻連峰・一切経山(一、九四九メートル)で親子登山を行った。
 山の恩恵を家族で考える機会をつくろうと毎年行っている。今年で三回目。県内各地から約二十家族、約七十人が参加した。
 参加者は磐梯吾妻スカイライン浄土平ビジターセンターから山頂を目指した。頂上では五色沼などの雄大な景色を楽しみながら昼食を取り、記念写真を撮影した。鎌沼を回って下山した。登山経験が豊かな同支部のメンバーらが同行した。
 父親といとこと参加した福島市の杉妻小三年の菊地陽向君(8つ)は「下りが大変で何度か転んだが、山頂の空気がおいしかった。鎌沼の景色もとてもきれいで、頑張ったかいがあった」と笑顔で話した。
 佐藤一夫支部長(70)は「天気に恵まれた。県内には魅力のある山がたくさんある。今回をきっかけに登山を楽しむ人が増えてほしい」と語った。

カテゴリー:主要

一切経山の登山を満喫する参加者
一切経山の登山を満喫する参加者

主要

>>一覧