県内ニュース

主要

  • Check

ブナ林の恵み未来へ 10月に「全国フォーラム」 只見

 ブナ林の保護保全と持続可能な利用をテーマとした「全国ブナ林フォーラム」は十月二十日から三日間、只見町で催される。ブナ林に関わる全国の団体の活動報告、自然観察会などを通し、地域資源を生かした山間地域の発展について考える。

 只見町、町民実行委員会の主催。ブナ林が広がる同町が二〇〇七(平成十九)年に「自然首都・只見」を宣言してから十年以上たち、これまでの活動を検証し、全国の団体と共に今後の在り方について意見を交わす。人と自然の共生を目指すユネスコエコパークに二〇一四年に登録されたことも踏まえ、山の恵みを活用した豪雪地の生活文化の継承、観光や木工業など地域活性化の方策も探る。
 フォーラムのメインは二十一日の全体集会で、午前十時から季の郷湯ら里で開かれる。ブナ林の保全と活用を実践研究する新潟大の紙谷智彦名誉教授が基調講演し、只見町を含め全国六カ所から活動報告がある。パネルディスカッションを繰り広げ、交流会もある。
 二十日と二十二日は町内のブナ林を散策する自然観察会がある。
 実行委員会が十七日に会津若松市役所で会見し、内容を発表した。委員長の菅家三雄町長は「只見には里山を生かした生活文化が残っている。自然に恵まれた只見の良さを再認識し、発信したい」と語った。

■全体集会は無料
 21日の全体集会は入場無料で、事前申し込みが必要。交流会のみ会費5000円。自然観察会のうち、20日はブナ林散策と田子倉湖遊覧を行い、参加費1500円、定員30人。22日はブナ林を巡る町内3コースがあり、それぞれ参加費1000円、定員10人。問い合わせは町ブナセンター 電話0241(72)8355へ。

カテゴリー:主要

主要

>>一覧