県内ニュース

  • Check

夏の夜彩る伝統舞台 夏の檜枝岐歌舞伎上演

 夏の檜枝岐歌舞伎として知られる鎮守神祭礼奉納歌舞伎は十八日、檜枝岐村の国指定重要有形民俗文化財「檜枝岐の舞台」で催された。江戸時代から受け継がれてきた伝統の芝居が夏の夜を彩った。
 村民でつくる千葉之家花駒座が上演した。南会津地方の農民一揆を題材にした「南山義民の碑 喜四郎子別れの段」と、源平合戦の一場面を描いた「一之谷嫩(ふたば)軍記 須磨浦の段」の二つの演目を披露した。
 県内外から約千二百人が詰め掛けた。かやぶき屋根の風情ある舞台で、親子の別れの場面などを座員が情感豊かに演じると、観客は大きな拍手を送っていた。

カテゴリー:今日の撮れたて

大勢の観客を楽しませた檜枝岐歌舞伎の「南山義民の碑 喜四郎子別れの段」
大勢の観客を楽しませた檜枝岐歌舞伎の「南山義民の碑 喜四郎子別れの段」

今日の撮れたて

>>一覧