県内のスポーツ

  • Check

ボンズ新ユニホーム発表 左肩に「福島民報」ロゴ

 国内男子プロバスケットボールBリーグ二部の福島ファイヤーボンズを運営する福島スポーツエンタテインメントは18日、2018-19シーズンのチームユニホームのデザインを発表した。
 シンプルなデザインが特徴で、結成5年目を迎え新たな歴史を築く決意を込めた。
 胸にニラク(niraku)、背中に「FSGカレッジリーグ」、左肩に「福島民報」のロゴが入る。パンツには昨シーズンに引き続き「福島トヨペット」と新たに「スギヤス」「AQUA郡山」が入る。
 福島ファイヤーボンズの開幕戦と第二戦は9月29、30の両日、郡山市の宝来屋郡山総合体育館で仙台と対戦する。両日とも福島民報社が協賛し、「福島民報マッチデー」として多彩なイベントを繰り広げる。

カテゴリー:福島のスポーツ

発表されたボンズの新ユニホーム
発表されたボンズの新ユニホーム

福島のスポーツ

>>一覧