県内ニュース

主要

  • Check

中野竹子の遺徳後世に 若松 顕彰祭で娘子隊舞奉納

 戊辰戦争で娘子(じょうし)軍を率い戦場で散った中野竹子の顕彰祭は十九日、会津若松市神指町黒川の殉節の地碑前で営まれた。
 地元住民でつくる中野竹子顕彰会の主催。約百三十人が参列した。中島吉昌会長が「藩に対する忠誠の心と姿は語り継がれている。殉節の地を訪れ(中野竹子を)しのび、生き方、無念さに思いをはせていただきたい」と祭文を読み上げた。
 室井照平市長が追悼の言葉を述べた。献花、献吟、読経に続き参列者が焼香した。東城戸子供会の六人が娘子隊舞を奉納した。
 戊辰戦争百五十周年に際し、会津古城研究会長の石田明夫さんが記念講演し、中野竹子の戦いぶりなどを紹介した。

カテゴリー:主要

娘子隊舞を披露する子どもたち
娘子隊舞を披露する子どもたち

主要

>>一覧