県内のスポーツ

  • Check

1年生ペア決めた 全中バド2年連続男女Vの猪苗代

 山口市で十九日に開かれた第四十八回全国中学校バドミントン大会では、県勢の猪苗代が団体戦で二年連続五度目の男女同時優勝という最高の結果を出した。女子は準決勝、決勝ともに一年生ペアが活躍。チームの優勝に大きく貢献した。男子はエースで主将の武井凜生選手(三年)がチームを引っ張り、猪苗代の強さを全国に見せつけた。
 聖ウルスラ英智(宮城県)との対戦となった女子団体戦準決勝。ダブルス、シングルスで一勝一敗となり、決勝進出は一年生の石岡空来(そら)選手・山北奈緒選手組の双肩にかかった。石岡選手・山北選手組が接戦を制すと、主将の杉山薫選手(三年)が駆け寄った。「決勝につないでくれてありがとう。決勝は自分の力を出し切って楽しんで」と後輩二人に声を掛けた。

カテゴリー:福島のスポーツ

女子団体戦決勝で得点を決め、喜ぶ石岡選手(左)と山北選手
女子団体戦決勝で得点を決め、喜ぶ石岡選手(左)と山北選手
チームを引っ張った主将の武井選手=男子団体戦決勝
チームを引っ張った主将の武井選手=男子団体戦決勝

福島のスポーツ

>>一覧