県内ニュース

主要

  • Check

県植樹祭と併催 南相馬の鎮魂復興植樹祭

 南相馬市鎮魂復興市民植樹祭は十一月四日、市内鹿島区北海老の海岸防災林整備地で開かれる。第六十九回全国植樹祭の後継企画となる県による「第一回ふくしま植樹祭」と併催される。二十日に市役所で開いた実行委で正式に決めた。
 東日本大震災で犠牲になった人々を慰霊し、震災の経験や教訓を後世に継承する場とする。三千人規模でクロマツなどの苗木二万~三万本を津波被災地に植え、「いのちを守る緑の防災林」に育てる。歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが復興支援で来場する。交流イベントとして豚汁の振る舞いや市のブースで地場産品の提供を予定している。
 市職員や森林団体、青年団体関係者などでつくる実行委員会に約二十人が出席した。委員長の門馬和夫市長が「全国植樹祭は皆さんのおかげで復興の状況や支援への感謝を発信できた。今回も引き続き協力を受けて成功させたい」と述べた。

カテゴリー:主要

あいさつする門馬市長(中央)
あいさつする門馬市長(中央)

主要

>>一覧