県内ニュース

  • Check

先人しのぶ光優しく 白虎隊鎮魂祭前に試験点灯

 白虎隊士が飯盛山で自刃した旧暦の八月二十三日に合わせて開かれる「TAMASHIZUME(たましずめ)鎮魂祭」を前に、会場となる会津若松市のさざえ堂で二十日、試験点灯が行われた。月夜の下、先人をしのぶ優しい光が建物内外を照らした。
 鎮魂祭はNPO法人環境保全会議あいづECA、飯盛山商店会、CoderDojo Aizu(コーダードージョー アイヅ)などでつくる実行委員会の主催で、二十三日から二十五日まで催す。さざえ堂のライトアップは午後六時半から午後八時まで行う。白虎隊士らがくぐり抜けた戸の口堰洞穴近くには発光ダイオード(LED)を使った鎮魂玉などを浮かべる。再生可能エネルギーを活用して発電する。試験点灯では関係者が光量などを確認した。
 鎮魂祭の問い合わせは実行委事務局(トライアングル内の熊田博さん) 電話0242(24)5694へ。

カテゴリー:今日の撮れたて

月夜の下、ライトアップされたさざえ堂
月夜の下、ライトアップされたさざえ堂

今日の撮れたて

>>一覧